時ノ技 toki no waza 時ノ技 toki no waza

もともと西洋から伝わった技術で、金属などの素材の表面にガラス質のうわぐすりを焼きつけたものです。西洋では「エナメル(enamel)」と呼ばれ、日本では「琺瑯(ほうろう)」や「七宝(しっぽう)」と言われています。鉄やアルミなどの金属を下地にしたものを「ほうろう」と呼び、食器などの日用品に使われています。「七宝」は、金や銀、銅などを下地にしたもので、装飾、美術品として使われるものを呼びます。

独特の柔らかい光沢から感じる、温かみのあるほうろうの質感により、100年以上美しい色合いを保ち続ける腕時計の表情は、持つ人の目を楽しませ続けます。
人類に長く愛されてきたほうろうと、長く使われ続けるセイコーの腕時計の組み合わせは、世代を超えて愛される価値をもちます。

昭和46年、富士ホーロー株式会社へ入社。40年以上、ほうろうに携わり続けているベテラン職人。これまで培ってきた実績を数値として捉えることで、高い品質を持った製品造りの再現性を高めることに成功しているだけでなく、豊富なノウハウの蓄積により、塗布面の厚さ、わずか0.01mm刻みの仕上がりを見抜く眼力を持つ匠でもあります。

一般的なほうろう製品は、小さい物でも10cm四方程度ですが、セイコーで使われているダイヤルは、3cm程度と小さく、厚みなどにも制限があります。繊細に造り込まれるダイヤルにほうろうを施すことができる、日本で唯一の職人です。

琺瑯ダイヤルが出来るまで(作業工程)

  • 素地成形加工工程

    銅や鉄などの素材を切断したり、抜き加工や絞り、曲げ、溶接等をおこない製品の原型を作る工程です。セイコーの製品に用いられるダイヤルの下地は別の工場で生産され、横澤氏の元へ送られます。

  • 前処理工程

    原型となる金属には酸化防止の油分が付着しています。その油分を抜くために脱脂をしてから、酸洗、ニッケル処理、中和処理を行います。ほうろう製品の品質を左右する大事な工程です。

  • うわぐすり製造工程

    ガラスおよびほうろう釉薬を作ります。うわぐすりは製品の特長に合わせて、各成分の比率を微妙に変えたりすることで、仕上がりが変わります。これを利用し、個々の製品にベストマッチしたうわぐすりを作りますが、豊富なノウハウが必要とされます。

  • くすり掛け

    製品の表面にうわぐすりを塗布します。うわぐすりは気温や湿度の影響を受けやすいため、その日の天候に合わせた調合をしなくてはなりません。また、吹きつけ方でも仕上がりに違いが出るので、豊富なノウハウと熟練の腕が必要です。

  • 焼成工程

    うわぐすりを塗ったダイヤルを乾燥させて炉で焼きます。気候に合わせて炉の温度や焼成する時間などを調整する繊細な作業です。この工程によって、うわぐすりのガラス質が溶け、ほうろう独特のやさしい美しさがうまれます。

  • 検査・出荷

    仕上がった製品を検査します。うわぐすりの厚さは均等か、ピンホールは出来ていないかなど、厳しくチェックされます。検査をパスした製品は出荷され、みなさまのお手元へと届いて行きます。

世界に一つの顔を見せる 漆工芸を身近な腕時計へ