LAND TRACER

Bluetooth®通信機能つき
アウトドアアクティビティの軌跡を3Dで楽しめる
新ソーラーウオッチ。

SEIKO WATCH LINK

スマートフォン専用アプリケーションを介して、
アウトドアアクティビティの軌跡を3Dで記録および表示が可能のほか、
時計の時刻同期や設定が行えます。

再生する

  1. アウトドアアクティビティの軌跡を3Dで記録して楽しめるセイコー独自の「フィールドログ」機能

    時計で計測した高度情報と、スマートフォンで取得した位置情報との連携により、自身の活動の軌跡を専用のスマートフォン用アプリケーションに3Dで記録。その軌跡をGoogleマップ上に重ねて表示することができます。

    この「3Dトレースログ」により、アウトドアアクティビティの感動や思い出を簡単に振り返り、SNSなどで共有することができます。

    3Dトレースログ表示画面

    3Dトレースログ表示画面

  2. ログポイント登録機能

    絶景のポイントやルートの分岐点など、任意の地点でボタンを押して、ログポイントを登録することで、ログポイント間の距離や標高差、移動にかかった所要時間の表示が可能です。さらに、フィールドログの記録中に撮影した写真は、簡単な操作で、そのままタイムライン上に貼りつけられる便利な機能も備えています。

    2Dトレースログ(上)高度グラフ(下)表示画面

    2Dトレースログ(上)
    高度グラフ(下)表示画面

    タイムライン表示画面

    タイムライン表示画面

    • 「Seiko Watch Link」は、時計とスマートフォンの間でデータ通信を行う機能の名称です。
    • アプリケーションの対応OSはこちらをご確認ください。
    • Bluetooth通信機能は日本国内のみでご使用いただけます。海外では国によっては電波使用制限があるため使用者が罰せられることがあります。
    • Bluetooth®は、Bluetooth SIG, Inc.の登録商標です。

LAND TRACER

  1. 天気予報表示機能 / こよみ情報表示機能

    スマートフォンの位置情報と天気情報を活用し、現在地の天気予報(天気 / 降水量・降水確率 / 気温 / 風向・風速 / 湿度)を表示します。アウトドアシーンはもちろん、普段使いでも便利な機能です。加えて、日の出入 / 月の出入時刻や月齢、潮回りを表示する「こよみ情報表示機能」も搭載しています。

    天気予報表示機能 / こよみ情報表示機能
  1. FIELDSENSOR搭載

    「気圧」「温度」「方位」の3つのセンサーからなるFIELDSENSORを搭載しています。
    これにより、登山やアウトドアシーンに役立つ高度・気圧・温度・方位の計測を可能とします。

  2. Bluetooth®通信による自動時刻同期機能

    時計の時刻をスマートフォンの時刻に同期することができます。アプリケーションが起動(または待機)している状態であれば、任意で設定した時刻(1日最大3回まで)に自動で時刻同期を行います。

  3. 発電レベル表示機能

    ソーラーセルに当たる光の強さを感知し、現在の発電レベルを10段階で表示します。充電量を10段階でより詳しく確認でき、電池切れの心配がありません。

  4. 20気圧防水

    ラフティングなどの水際のアクティビティでも安心の20気圧防水を備えています。

LAND TRACER
Line up