ページトップへ戻る

Alpinist

山を楽しもう

僕が山に持っていく時計で欲しかった機能は登高スピードとソーラー充電機能です。「自分がどれくらいのスピードで山に登っているか」ということがわかれば目的地までの時間が簡単に計算でき、登頂計画に役立ちます。また、何日間も山に入るときもあり、そういうところでは太陽の光で充電できるソーラー機能はとても便利です。今日何メートル登って何メートル下ったか、積算標高もわかるし、自分のペースがどれくらいだったかもわかる。この時計に記録したデータを見ながら一日を振り返る時間がとてもいいんじゃないかなと思います。是非、このアルピニストを使っていろんな山を体験してください。

三浦豪太

アルピニスト開発アドバイザー 三浦豪太

冒険家 三浦豪太氏

アフリカ大陸最高峰キリマンジャロを最年少(11歳)で登頂。スキーモーグル競技の牽引役として、全日本タイトル獲得、長野オリンピック等でも活躍。

2013年、エベレスト世界最高齢登頂した父・三浦雄一郎氏をサポートして2度目の親子同時登頂達成。

現在は、ミウラ・ドルフィンズにて幅広い年齢層やアスリート向けのトレーニング及びアウトドアプログラムを国内外で数多く手がけている。

ミウラ・ドルフィンズ低酸素・高酸素室のトレーニングシステム開発研究所長、
博士(医学)順天堂大学大学院医学部・加齢制御医学講座、
同大学 非常勤助教授、(社)アンチエイジングリーダー養成機構・専務理事、
〔財〕全日本スキー連盟指導員

ミウラ・ドルフィンズ
ミウラ・ドルフィンズはプロスキーヤーで冒険家の三浦雄一郎氏と豪太氏親子が、講演、運動指導活動、抗加齢についての研究などを行っている団体です。アンチエイジング、低酸素トレーニングプログラムを始め、冒険スピリットを後世に伝えるためのキッズキャンプ等幅広く活動しています。

FUNCTION アルピニストの魅力

開発アドバイザー三浦豪太さんが語る「登高スピード」とは?

INTERFACE 使いやすいインターフェイス

シンプルでわかりやすいインターフェースを動画でご紹介します。

HOW TO USE アルピニストを使ってみよう

実際の操作方法を動画でご紹介します。

高度計測高度計測

計測した登山データを記録し、呼び出すことができます。(最大15回、1回24時間まで)

高度計(ALTI)モードの使い方

高度記録(ALTI-LOG)呼び出しモードの使い方

動画を再生する
気圧・温度計測気圧・温度計測

気圧の変化をグラフで表示し、天気傾向を知ることができます。

気圧・温度計(BARO)モードの使い方

方位計測方位計測

目標の方位と真北の方向を計測できます。

方位計(COMP)モードの使い方

体重・単位計測体重・単位計測

登山の前に体重と単位を設定しましょう。

セット(SET)モードの使い方

動画を再生する