タイムゾーンが変更された場合の、GPSソーラーウオッチのご使用上の注意

情報更新日:2016年7月22日
情報掲載日:2014年10月1日
セイコーウオッチ株式会社

日頃よりセイコー製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。

世界各地域のタイムゾーンは、国または地域の都合により変更される場合がありますが、当社のGPSソーラーウオッチは、下記の時点のタイムゾーン情報に基づいてその性能を発揮するように設計されています。

キャリバー7X52 搭載商品:2012年1月
キャリバー8X82 搭載商品:2014年1月
キャリバー8X53 搭載商品:2015年3月
キャリバー8X22 搭載商品:2015年3月

それ以降にタイムゾーンが変更された地域では、GPS電波受信によるタイムゾーン修正操作を行っても、正しい時刻を表示することができません。正しい時刻表示のためには下記の操作を行って下さいますようお願いいたします。

<タイムゾーンが変更された地域で、この商品の時刻合わせをする場合>

  1. 手動タイムゾーン選択によって該当地域の最新の時間帯に適したタイムゾーンを選んでください。
  2. 次に、強制時刻修正により時刻合わせを行ってください。
  3. 同じタイムゾーン内でお使いいただく場合は、そのままのタイムゾーン設定にしておけば、その後も自動時刻修正または強制時刻修正により、常に正確な時刻が表示されます。
  4. また、タイムゾーンが変更された地域から別のタイムゾーンの地域に移動してタイムゾーン修正を行った後に、タイムゾーンが変更された当該地域に戻ってきた場合にも、正しい時刻表示のためには上記1.〜3.と同様の操作をしてください。
  5. → 詳しくは取扱説明書(キャリバー7X52,キャリバー8X82,キャリバー8X53,キャリバー8X22)をご参照ください。