メニュー閉じる

ブライツ ソーラー電波

Radio Wave Control Solar

シンプル、それでいて高い実用性。

光の反射を99%以上抑える「スーパークリア コーティング」

ガラスの表裏両面に独自の無反射膜を施すことで光の反射を99%以上抑え、ダイヤルが非常にクリアに見やすくなりました。また表面に防汚膜(撥水膜)を付加してありますので、汚れがつきにくくなっています。

傷のつきにくいセイコー独自の「ダイヤシールド」

美しく磨かれたケースとバンドを傷から守り、本来の美しい輝きやきれいな仕上げを長く保つために、セイコーが独自に開発した表面加工技 術「ダイヤシールド」を施しています。

多局受信ソーラー電波

日本(JJY40/JJY60)、中国(BPC)、アメリカ (WWVB)の世界3エリア、4つの標準電波に対応。セシウム原子時計により刻まれた標準電波の時刻情報を、日本、中国、アメリカの主要エリアで受信して時刻を自動修正します。世界中で活躍するビジネスマンにとって非常に便利な機能です。
*電波受信可能範囲を示す円の大きさは目安であり、保証するものではありません。

質感の高いダイヤル

質感の高いダイヤルは、時計本来の温かみを感じさせます。機能的でありながらも、ソーラー電波時計とは思えないほどデザイン性が高く、 落ち着いた存在感がビジネスシーンにしっくりと馴染みます。

時刻合わせや電池交換の必要なし

10万年に約1秒の誤差という高精度な時刻情報を伝える標準電波を受信し、正確な時刻を表示。さらに、時計を止めずに時差を修正する「時差修正機能」により、日付変更線をまたぐような 時差修正の際にも、自動的に日付と曜日の表示を修正します。また、太陽光や蛍光灯などの光を電気エネルギーに換えて駆動するソーラー発電システムを搭載。二次電池にエネルギーが蓄えられるため、定期的な電池交換の必要もありません。

針ずれを自動で修正

従来の電波時計では磁気や落下・衝撃により針ずれが生じた場合、面倒な基準位置合わせの操 作が必要でした。ブライツのソーラー電波時計は「針位置自動修正機能」により、秒針は1分間ごと、時・分針は毎12時(1日2回)に針位置をチェックし、万が一ずれている場合は自動で修正します。

これらの機能・外装はすべてのモデルに搭載されているわけではありません。各モデルの詳細スペックをご覧ください。