Global Sites

SEIKO

  1. セイコーウオッチ株式会社
  2. プレスリリース
  3. 2012
  4. 本格スポーツウオッチ<セイコー プロスペックス>から、冒険家 三浦雄一郎氏と共同開発した究極のアドベンチャーウオッチ登場
    〜歩いていくことのできる宇宙、エベレストで過酷な環境に耐えるスペック〜

プレスリリース

2012年10月12日

本格スポーツウオッチ<セイコー プロスペックス>から、
冒険家 三浦雄一郎氏と共同開発した究極のアドベンチャーウオッチ登場
〜歩いていくことのできる宇宙、エベレストで過酷な環境に耐えるスペック〜

セイコーウオッチ株式会社

SBDB007

SBDB007

セイコーウオッチ株式会社(社長:服部 真二、本社:東京都港区)は、本格スポーツウオッチ<セイコー プロスペックス>ランドマスターシリーズから、冒険家 三浦雄一郎氏と2013年5月のエベレスト登頂に向けて共同開発した究極のアドベンチャーウオッチ「MIURA エベレスト 2013限定モデル」を2012年11月16日(金)から全国で発売いたします。希望小売価格は399,000円(税抜き 380,000円)で、限定数は300本です。

<セイコー プロスペックス>は、リアルなスポーツシーンやアウトドアシーンに対応する本格機能を備え、これまで世界の冒険家、様々な分野のプロフェッショナル、アスリートに広く支持されてきたスペシャルティ・スポーツウオッチブランドです。「ランドマスター」は<セイコー プロスペックス>の中でも、その堅牢な構造と耐衝撃性により、登山家・極地の冒険者など過酷な環境に立ち向かう挑戦者たちに長く愛用されてきたシリーズです。

≪商品の特徴≫

今回の新製品は、史上最高齢の80歳にして、エベレスト登頂を目指す三浦雄一郎氏のプロフェッショナリズムを体現した特別仕様のスペシャル限定モデルとなっています。エベレスト山頂の過酷な環境の中でも「時間が分かる」「止まらない」「邪魔にならない」という三浦雄一郎氏の強い要望を実現した堅牢かつ視認性に優れた「ランドマスター」シリーズの頂点モデルです。

■過酷な温度環境でも動き続ける世界最高峰の性能をもつスプリングドライブ
「エベレスト山頂は歩いていける宇宙」と三浦氏は語ります。宇宙空間に匹敵する、あるいは、より過酷な環境であるともいえるエベレスト山で使用できるウオッチを開発するにあたり、ムーブメント(駆動装置)に、セイコー独自の駆動機構「スプリングドライブ」を採用しました。 「スプリングドライブ」は、メカニカルウオッチ(機械式)と同様にぜんまいの力で駆動しますが、針の動きを制御する調速機構として水晶振動子やICを採用していますので、クオーツウオッチと同様に正確な時間を表示し続けるのが特徴です。
メカニカルウオッチの調速機構に使われる「てんぷ」や「アンクル」に比べ、水晶振動子で速度を制御する「スプリングドライブ」は、衝撃に強いことが長所として挙げられます。また、低温の環境でも潤滑油の硬化で精度が落ちることもありません。一方、クオーツウオッチとの比較では、電池を使用していませんので、−40℃から+50℃という温度変化があるエベレスト登山中にも、電池が破損したり、不意の電池切れで止まる心配がありません。このように「スプリングドライブ」は、過酷な環境の中で使用するウオッチのために最も理想的なムーブメントであるといえます。2009年には特別仕様品が、宇宙空間の船外活動で使用され、堅牢性・耐久性が実証されました。
■視認性を高めたダイヤルデザイン
登山中には、時刻と経過時間を一目で把握する必要があります。そのため、ダイヤルの色をマットなブラックとし、太く大振りな時・分針とインデックス(目盛り)には、ホワイトカラーを用いてコントラストを強調しました。夜間や悪天候でも、優れた視認性を発揮するために、このホワイトカラーには蓄光塗料「ルミブライト」を採用しています。標準品と比較し、より厚く塗装することで、輝度を高めています。
■高地を知り尽くした三浦氏の新しい発想で設計したシンプルなケース
三浦氏が登山中に着用する時計に求めたものは、より軽く、堅牢で、突起物のないシンプルな形状でなければならないということでした。このため、ケース素材には、ステンレススチールよりも約40%も軽量で、かつ強度の高い「チタン」を採用し、ブラックの硬質コーティングを施しました。さらに高所特有の気圧の変化に対応するため、外気の気圧が下がった場合にも高い機密性を維持する特殊構造のスクリューベゼルを採用しました。また、登山中のロープ等の引っ掛かりを防ぎ、手首の動きを妨げないよう、通常3時位置にあるりゅうずを、12時側に配置しました。このように、エベレスト山での快適な使い心地を目指して、耐久性、広いダイヤル、軽さなどの面で最適なバランスを備えたデザインとしました。
■オリジナルロゴマーク
「MIURA EVEREST 2013」プロジェクトを象徴するロゴマークが、りゅうずの上面とケースサイドに刻印されています。
12時位置に配したりゅうず
12時位置に配したりゅうず
■プレミアム感あふれる特別仕様
裏ぶたには、限定300本の数量限定モデルであることを証明する、シリアルナンバー(001/300〜300/300)が刻印されます。また、つけ替え用に分厚いグローブの上からでも着用しやすいナイロン製オリジナルバンドをセットし、専用ボックスを用意しました。
  • 裏ぶた
  • 裏ぶた
  • 専用ボックス
  • 専用ボックス

実際の製品では、製造上の理由により、裏ぶたの向きが異なる場合があります。

≪商品仕様≫

<セイコー プロスペックス>ランドマスター「MIURA エベレスト2013限定モデル」:
2012年11月16日(金)発売予定

品番 希望小売価格 搭載ムーブメント ケース・バンド素材
SBDB007
限定300本
399,000円
(税抜き 380,000円)
スプリングドライブ
キャリバー5R66
純チタン
(硬質コーティング)
交換用ナイロンバンドつき

【商品仕様】

■ガラス素材 サファイアガラス(スーパークリア コーティング)
■防水性能 日常生活用強化防水(10気圧防水)
■耐磁性能 耐磁時計(JIS耐磁時計1種)
■サイズ [ケース外径]46.8mm[厚さ]14.2mm
■その他 ねじロック式りゅうず、スクリューベゼル、スクリューバック
■アフターサービス メーカー保証 保証期間1年間

【ムーブメント仕様】

スプリングドライブ キャリバー5R66

■巻上げ方式 自動巻(手巻つき)
■時間精度 平均月差±15秒
(日差±1秒相当)※気温5℃~35℃において腕につけた場合
■巻上げ持続時間 約72時間(約3日間)
■その他機能 24時針つき(GMT表示可能)、カレンダー連動時差修正機能、
パワーリザーブ表示機能
■石数 30石
■サイズ [直径]30.0mm[厚さ]5.8mm
■部品点数 295部品

MIURA エベレスト 2013 プロジェクトとは:
冒険家三浦 雄一郎氏が2013年5月に史上最高齢の80歳にして、エベレスト登頂を目指す一大プロジェクトです。SEIKOはこの登頂プロジェクトをオフィシャル・サプライヤーとして支援しています。

  • 三浦雄一氏
  • 三浦 雄一郎:冒険家、プロスキーヤー
    1932年生まれ。’64イタリア・キロメーターランセに日本人として初参加、当時の世界記録樹立。’66年富士山直滑降。’70年エベレスト・8000m世界最高地点スキー滑降を成し遂げ、その記録映画はアカデミー賞を受賞。’85年世界七大陸最高峰のスキー滑降を完全達成。2003年、次男の豪太とともに世界最高峰エベレスト山(8848m)登頂。当時の世界最高年齢登頂(70歳)と初の日本人親子同時登頂の記録を樹立。’08年5月、75歳にして2度目のエベレスト登頂成功、来年80歳にて再びエベレストを目指す。

【お客様からのお問い合わせ先】

セイコーウオッチ(株) お客様相談室 0120-061-012

ページトップへ