1. セイコーウオッチ株式会社
  2. 修理・サポート
  3. お手入れ 時計のお手入れ

時計のお手入れ

時計のお手入れのポイントは?
常に清潔に保ち、快適にお使いください。
バンドについては材質(金属、皮革、ポリウレタン)別にお手入れ方法をご紹介します。
日ごろのお手入れ
いつも肌に密着している時計だから清潔に!

時計の裏ぶたやバンドは肌着類と同様に直接肌に接しているので汗や汚れが付着しやすくなっています。

汚れたままにしておくとさびて衣類の袖口を汚したり、かぶれの原因になったりすることがありますので、常に清潔にしてご使用ください。

バンドは多少余裕をもたせ、通気性をよくしてご使用ください。時計をつけた状態で、指1本が入る程度が適当です。

時計をはずした時は、柔らかい布などで汗や水分をふき取るだけで、時計の裏ぶた、バンド、およびパッキンの寿命が違ってきます。

防水時計を海水に浸した場合は、真水で洗ってから柔らかい乾いた布でふき取ってください。

化学薬品(特にベンジン、シンナー、アルコール、洗剤等の有機溶剤)で洗うと化学変化で時計が劣化することがありますのでご注意ください。
りゅうずのさび付きを防止し、パッキンの滑らかさを保つために、時々りゅうずを空回ししてください。
ねじロック式りゅうずの場合はロックをはずし、りゅうずを引かずに空回ししてください。
金属バンド
金属バンドのお手入れのポイント
  • ステンレススチールバンドも水や汗・汚れをそのままにしておくと、さびやすくなります。
  • お手入れが悪いと、かぶれ、ワイシャツのそで口が黄色や金色に汚れる、バンド切れなどの原因となります。
  • 水がかかったり、汗をかいたときは、すぐに吸湿性の良い柔らかい乾いた布でふいて乾かしてください。
  • バンドの隙間の汚れは、定期的に乾いた柔らかな歯ブラシなどで取り除いてください。
    • 表面に傷がつく場合もあります。まずは目立たない場所でお試しください。
  • 時計のバンドを洗う場合は、時計本体をキッチン用のラップでくるむなどして、時計本体に水がかからないようにご注意ください。
  • 洗った後は、バンドのこまの隙間に水分が残らないように柔らかい乾いた布でふき取り、よく乾燥させた後、通気性の良い場所に保管してください。
    • 一見乾いたようでもこまの隙間などに水分が残っているとさびの原因となります。洗った後は特に念入りに乾かしてください。
  • チタンバンドでもピン類に強度に優れたステンレススチールが使用されているものがあり、ステンレススチール部分からさびが発生することがあります。
  • さびが進行すると、ピンの飛び出しや抜けが発生し、時計を脱落させてしまうことがあります。また、逆に中留がはずれなくなることがあります。
  • 万が一ピンが飛び出している場合は、けがをするおそれがありますので、ただちに使用をやめて修理をご依頼ください。
お客様がご自分で調整することができる特殊な金属バンドを除き、長さ調節には専門の修理技術と治工具が必要です。
また、金属バンドの隙間に溜まり込んだ汚れや汗は拭き取りづらいので、汚れがひどい場合は専用の機材を使用した超音波による洗浄が必要になります。お買い上げ店またはセイコーウオッチお客様相談窓口にご相談ください。
皮革バンド
皮革バンドのお手入れのポイント
  • 皮革バンドは水や汗、直射日光に弱く、色落ち、変色、早期劣化の原因となります。また、色の薄いバンドは、汚れが目立ちやすいので、ご使用の際はご注意ください。
  • 水がかかったり、汗をかいたときは、すぐに吸湿性の良い柔らかい乾いた布で水分を吸い取るように軽くふいてください。
    • 湿ったままの状態が続くと皮革バンドにしみができたり、革の染料が腕や衣類を汚す原因となります。
    • こするように強くふくと色が落ちたり、ツヤがなくなる場合があるのでご注意ください。
  • 時計本体が日常生活用強化防水10(20)気圧防水になっているものでも、皮革バンドは、入浴や水泳・水仕事でのご使用はお控えください。
    • アクアフリーバンドはある程度の耐水性がありますが、長時間、長期間のご使用では耐水性が落ちていきます。
  • こするように拭くと色が落ちたり、ツヤがなくなったりする場合があります。
  • 時計を腕からはずしたときは、風通しの良い涼しい場所に保管してください。
  • 皮革バンドを高温になる場所や直射日光が当たる場所に長時間放置しておくと皮革の変色や変形が生じる場合があります。特に、車のダッシュボードの上などへの放置は禁物です。
  • 皮革バンドが劣化したら、早めのお取り換えをおすすめします。
ポリウレタンバンド
ポリウレタンバンド
ポリウレタンバンドのお手入れのポイント
  • 光で色があせたり、溶剤や空気中の湿気などにより劣化する性質があります。また、使用しなくても長期間の保存で徐々に劣化する性質があります。
  • 水がかかったり、汗をかいたときは、柔らかい乾いた布でふいて乾かしてください。
  • 時計のバンドを洗う場合は、時計本体をキッチン用のラップでくるむなどして、時計本体に水がかからないようにご注意ください。
  • 時計をはずして長時間、太陽光など強い光にさらしておくとバンドの劣化が早まります。車のダッシュボードの上などへの放置は禁物です。
  • 半透明や、白色、淡色のポリウレタンバンドは光による色褪せのほか、汚れや、他のものからの色の吸着による変色(色移り)が生じることがあります。色落ちする衣類やバッグ等とこすれると、色が移ることがありますのでご注意ください。
  • 弾力性がなくなったら取り換えてください。そのまま使い続けるとひび割れが生じ、バンドが切れやすくなります。

修理受付窓口はこちら

ページトップへ