1. セイコーウオッチ株式会社
  2. 修理・サポート
  3. お手入れ 分解掃除(オーバーホール)が必要な理由

分解掃除(オーバーホール)が必要な理由

どのような時計でも点検やメンテナンスは必要?
機械式時計もクオーツ時計も、ながく使っていると部品が劣化します。
時計を常に良好な状態に保つには、分解掃除(オーバーホール)が必要となります。
時計の劣化の影響

機械式時計もクオーツ時計も、ながく使っていると、機械体部品の磨耗や潤滑油の劣化が起こります。

機械式時計

機械式時計はぜんまいが解ける強い力を伝えながら運針するので、潤滑油の劣化や部品の磨耗が起こり、そのまま長期間放置すると精度が悪くなったり、通常より早く止まるようになります。

磨耗した機械体部品
クオーツ時計

クオーツ時計も、同様に潤滑油の劣化や部品の磨耗が起こり、そのまま長期間放置すると通常より早く止まるようになってしまいます。

「電池交換をしても動かない」、「電池寿命が急に短くなった」 こんなときは分解掃除(オーバーホール)が必要です。

劣化した潤滑油
機械式時計の「てんぷ」という部品は、1日に数 10万回、1年間で数億回も往復回転運動していますので、潤滑油の劣化・乾燥は避けられません。
分解掃除の必要性
分解掃除(オーバーホール)でベストコンディションを保ちましょう

分解掃除(オーバーホール)は、時計の健康診断のようなものです。
時計内部の保油性やネジのゆるみ、汚れや汗によるさび、ケース内部の腐食などについても早めのチェックとケアが必要です。

分解掃除(オーバーホール)をすることで、故障の原因となる目に見えない部分の汗や汚れを取り除き、磨耗した部品や、防水性を保つために不可欠なパッキン類を交換し、お買い上げ時の快適な状態に戻すことができます。

新品は最初の分解掃除が重要
機械式時計は、特に新品のときは摩擦による潤滑油の汚れや細かな金属紛が出やすい時期であるため、最初の3年目の分解掃除(オーバーホール)はその後永く使う上でとても大切です。
分解掃除の工程

通常のクオーツ時計は 2~3週間、機械式時計や複雑なしくみの機種は調整に多くの日数を必要とするため 3~4週間程かかります。

分解掃除(オーバーホール)の工程

標準的な分解掃除(オーバーホール)の作業内容は以下のとおりです。

step1 状態確認
お預かりした時計の状態を細かくチェックします。(外観・運針・防水・操作性・残留磁気・電気特性・精度)
step2 洗浄・チェック
・時計ケース・バンドを超音波で洗浄します。 
・洗浄上がりチェックをします。(ガラス接着部外観、バンドアジャストネジのゆるみ、中留め食付け調整)
step3 分解・修理
・時計をムーブメント(機械体)まですべて分解します。
・機械体部品すべてを洗浄します。 
・部品をひとつひとつチェックし、劣化部品を交換・修正します。
・ムーブメント(機械体)を組立てなおします。
・各部に注油します。 
・精度チェック、調整・点検します。 
・パッキンを交換します。
step4 ケーシング
時計ケースへ組込み、バンドを取付けます。
step5 仕上がり点検
・仕上がり品をチェックします。(外観、機能、操作性、時刻、カレンダー、精度などの最終チェック)
・防水検査を行います。
・サービスカードに記入します。
・発送前チェックをします。
クオーツ:作動温度範囲で一定期間作動させ、遅れや止まりがないかを確認します。
・機械式:姿勢差、ぜんまいの巻き上げ量の違いによる精度チェックを規定期間かけて確認します。
step6 お引渡し
梱包し、発送します。
時計の種類・状態・修理内容によって、ムーブメントの交換・時計本体の交換を実施する場合があります。また、上記日数よりも長くなる場合があります。
グランドセイコーの機械式時計の分解掃除(オーバーホール)は約1ヶ月かかります
グランドセイコーの機械式時計は精度保証の規格が厳しく、この規格をクリアするために熟練した技能者がかなりの時間をかけて調整を行っています。また、精度の測定にも数日間が必要です。その上でぜんまいの持続時間の実測保証やその他機能保証なども行いますと通常でも1ヵ月程度の修理期間を要します。

修理受付窓口はこちら

ページトップへ